つぶやきマンボ

monfri.exblog.jp
ブログトップ

信心は尊い


2月22日ニャーニャーニャーの日の報道には驚きましたが、空前のネコブームなのですね。
想像以上に。

アベノミクスならネコノミクスの経済効果が2千万円とかなんとかで「経済」としての報道だったかもしれませんが、いやはや人気ものはスゴイ005.gif

NHK-BSテレビで主に放送されている
世界ネコ歩き好評ですね。
放映当初はじわじわネコブームもきてたようですが、「えっ。こんな目線で~。」と思いつつ楽しく観ておりました。

だ~いぶ前のことなのでふれた事なのかもしれませんが、この撮影をされている写真家・岩合さんは野生動物のプロ写真家。野生動物の保護活動を含めた世界自然保護団体WWFジャパンの顧問もしてらっしゃるようです。

こういったのを撮られてます

世界の動物遺産 世界編・日本編


、なので「いいコだね~。」「にゃ~。」とネコちゃんたちに、まるで○飼い主のように声をかけられているときはちょっぴり複雑な気持ちになるのですが、ネコちゃんはかわいいし、放映を楽しみにはしております060.gif

テレビ画面の枠が写真のフレームに思われるほどバシッと決まっている撮影風景がお気に入りです。
「わざと!?」←ヤ○セとはいわない。ってくらいに木や建物などの位置と、ネコちゃんと風景がそのままポストカードに使えそうなくらいうまい具合の配置なのです。
やっぱりプロのカメラマンさんだな~(^.^)

この間のバリ編のエンディングもきれいでしたね。
きれいに焼けた夕焼けの浜辺。漁をしているのかいくつかの船がならんでいます。
そして手前の浜辺で、だんだん暗くなってシルエットしかわからなくなっているネコ・・。
見とれてしまう撮影風景、圧巻でした058.gif

いいな~。バリでの1日だったのでしょうか?
あんなきれいな夕焼けが撮れてうらやましい限り058.gif

わたくしなんて毎日はとても行けないので、たまに撮影に近辺の浜辺へ夕陽を撮りに、というせいもありますが、あんなにきれいになかなか焼けないのですよね・・。
たいてい日が沈みつつなるにつれ雲にかくれてしまって、ジ・エンド。うむむ。

自然に向かって「はい、太陽さん、焼けて~。」なんてお願いできませんしね。

さて、そんなバリ島。
家人も見ながら「昭和の田舎の日本を思い出させるね。」
といわせる昔ながらの光景。

牛小屋に、ふいっといつものノラネコがやってきてます。
そのネコちゃんに牛も人間もおかまいなし。でもごはんはくれる。
見た目それこそ、当時を思い出させるねこまんまっぽい。
栄養分はネコに適したものかわからないけれど自然と調和した中、とてものどかでやさしい光景でした。

また、別の場面ではこれまた日本の田園農村地帯には今もありそうな、祠に女性がお供えをあげて、お祈りをしていました。

お祈りを捧げている女性の足元にネコがスリスリと寄ってきて「ニャ~。」
女性は熱心にお祈りを続けます。

足元しか映ってないけど。ネコも負けじ!?と「ニャ~。ニャ~。」
と足元すりすり攻撃をやめません。

女性は去っていきましたが、その時ネコは先ほどの態度を180度変え、もうしらんぷりで、見送りも追いかけもせず毛づくろいをしています。

結局はお供え物が目当てだったのですが、(^_^;)ここで関心があったのは女性のすばらしさ。

このネコブームの中、あんなにすり寄られて、何人の人がアレを無視できるでしょうか。

たいていは、「もう、だめでちゅよ~。」「あとでね。」なんていいながら、抱っこするなり撫でるなりしてお祈りを中断するのではないのでしょうか。

この場面で、「ネコよりここを守ってくれる神様」(当たり前だ)と優先するその対応に参りました。バリではネコは神様のお使いとされているらしいので、次点、という扱いは正しいのかも035.gif

岩合光昭の世界ネコ歩き エーゲ海の島々 DVD【NHKスクエア限定商品】


[PR]
by flyee | 2016-03-07 17:02 | 鑑賞